スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画】『World Embryo 8』を雨降る午後に

ヒロイン不在のまま始まる8巻。
エンデVSネーネの戦いの後世界は大きく姿を変えた。
IMG_20111005193216.jpg
というかクロノクルセイドでもあったよねこういう展開
で、主人公はどこ行ったかと言うと過去の世界に飛ばされてきたみたいです。
リアルタイムで繰り広げられるおっさんの日常。
何が楽しくてこれに付き合わなきゃならのか愚痴を言い始める主人公と読者。
と、ここでご褒美
IMG_0001_20111005193215.jpg
ペロリスト登場
タカオの柩姫であるジュリですが、ちょっとというかかなりボケてるキャラです。
でも怖い。
そして色々あって志郎が島の散策を始めます
IMG_0002_20111005193215.jpg
ちょっとしたネタばらし
散策途中、レイプされそうになった佐夜子さんを助けようとしたらタカオとジュリに逆に助けられて云々。
そして案内された秘密基地で何故か
IMG_0003_20111005193214.jpg
ゲームを始める(志郎はGKのようです)
小さな友情を育みながら過去の物語はついにターニングポイントへと向かう。
マユのすり替え工作が祭の最中に露呈。
祭は混乱の渦に巻き込まれる。
この状況を作ったのは別の人物であるが、本物のマユを持っていた佐夜子はある人物との争いの末
IMG_0004_20111005193214.jpg
合掌
現場を発見した志郎は鷹尾劉生と共にマユの力を使って佐夜子を蘇らせることを共謀する
直前にこの島は狂っていると叫ぶタカオだが
IMG_0005.jpg
マユに携わるものが正常でいられるはずがない
新しく生まれたエンデと共に柩姫の謎を探りだす志郎。
が、その時間も長く続くはずもなく島の人間に志郎は捉えられてしまう。
だがそれすらも志郎の手の内。
志郎は伝承の鬼を島に呼びもどす手段を手中におさめていた
IMG_0006.jpg
その鬼こそ柩守
そして続く地獄。
塗り替わる日常。
IMG_0007.jpg
終わりの始まり
終わっていく日常の中もうひとつの非日常の終わりを告げていた。
ミタマと呼ばれた何者でもない少女
IMG_0008.jpg
怨嗟と嗚咽に塗れた彼女の正体
感染を広げるエンデを食い止めるためジュリとタカオが立ちあがる。
が、その最中柩の共鳴に呼応するかのように二体の柩姫が暴走
タカオをジュリの正気を取り戻すためその名とその意味を叫ぶ
IMG_0009.jpg
母さん、と初めて呼んでもらえた
砕けるジュリ
巨大な衝撃波が島を覆い
全てを忘却の彼方へと吹き飛ばす
IMG_0010.jpg
思い出の世界で志郎は佐夜子と邂逅する
自分を捨てた父親
それを愛する母親と同じ目をする彼女
気付いてしまう何故自分がこれほど彼女を追い求めていたのかを
そして
柩守を見つけ、刃旗を見つけ、フラッグを作り、そしてそしてそして
IMG_0011.jpg
ようやく見つけた「佐夜子」
自分と志郎の行いが同じものだということを見せつけられるリッくん
結局誰も柩姫自体を見てはいなかった、と
崩壊する世界で陸は手を伸ばす
そして言葉を放つ
IMG_0012.jpg
割と初めて主人公っぽい台詞を言うリッ君
ここで終幕
続きは本誌で、ってなわけです。
全然ギャグの入る余地がなかったですね。
ゐぬもびっくりです。
因みに一番の萌える絵↓
IMG_0013.jpg
はだけた着物に狐耳(?)と鎖、そして天然と母親属性
何これ俺を萌え殺す気なの?
そんなわけで過去回想編がメインのワンブリ8巻でした~♪


ワールドエンブリオ 8 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 8 (ヤングキングコミックス)
(2011/06/10)
森山 大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。