スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【!?】研究で判明!コンビニの近くに住む女性は太るらしい

 今年こそは海やプールで大胆にビキニを着ようと計画している女性のみなさんに、緊急提案。真剣にダイエットを考えていて、コンビニエンスストアやレストランの近くに住んでいる人は、今すぐ引越しをした方がいい。どうやら住んでいる場所が、あなたのダイエットを妨げているようだ。

 アメリカのある研究者の報告によると、生活環境が肥満と関係しているらしい。コンビニやレストランの近くに住む女性は、そうでない女性と比べて、肥満度(BMI)が高いことが判明した。

 この調査はニューヨーク州立大学バッファロー校のサミーナ・ラジャ博士らがおこなったものだ。ニューヨーク州エリー郡在住の172人の女性を対象に、生活環境と肥満度について調べた。調査の結果、生活環境が住む人の健康状態に大きな影響を与えることがわかった。

 具体的な影響としては、「家から徒歩5分以内にレストラン(ファーストフード店を含む)のある女性は肥満度が高い傾向にある」、「スーパーマーケットや生鮮食料品店の近くに住む女性は肥満度が低い傾向にある」という2つの事実が浮き彫りとなったのだ。

 どうやら簡単に食事をすませられる地域に住んでいる人ほど、肥満になりやすいようなのだ。反面、食事をとるのに手間のかかる(手間をかける)人は、健康的な状態を維持しやすいようだ。

 調査を行ったラジャ博士は、食料の安全と都市設計の関係について長年研究を行っている。計画的な都市設計が、その地域に住む人の健康に必要と考えている。調査結果に対して博士は「肥満の流行は、重大な影響を与える可能性がある。なぜなら(生活環境の影響による)肥満は、そこに身を置く人たちに、いろいろな病気をもたらすからだ」と説明している。アメリカは2006年以降、男性に比べて女性の肥満が増大しているという。成人女性の3分の1が肥満の傾向にあるとのことだ。

 住む地域が健康に与える影響はかなり大きいのではないだろうか。真剣にダイエットを考えている女性は、徒歩5分以内の場所にコンビニやレストランがあるかどうか、改めてチェックした方がいいだろう。もしも、それらがあるならすぐ引っ越しをしよう! 転居先はスーパーか生鮮食料品店の近くをオススメする。

 ……とはいえ、コンビニがない生活もちょっとさびしいもの。引越しをしたほうがいいとは言ったが、結局は自制をして生活すればコンビニはむしろ便利な存在であり、生活を豊かにしてくれる素晴らしいお店。ということで、今からローソンの『からあげクン』レギュラー味を5袋買ってこようと思う(自制しろ!)。

 ロケットニュース24

コンビニは貯金を下ろし、尼の代金を払うところ(キリッ
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。