スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【発見】鳥の祖先「飛べる走れる」 ゴビ砂漠で発見の化石は新種

 林原自然科学博物館(岡山市北区)は、モンゴルのゴビ砂漠で、白亜紀後期に属する約7500万~7千万年前の地層から1997年に発見された鳥類化石が、現在の鳥類の祖先のグループの新種とわかったと発表した。飛べるが主に陸上を走り回るという初めてのタイプ。同博物館は「現在の鳥類が、水辺の鳥だけでなく内陸の鳥から進化した可能性を示唆するもの。鳥の進化を解明するうえで非常に重要だ」としている。

 化石は鳥類の脚の部分。関節や指の付け根の形状から新種とわかり、「ホランダ・ルセリア」と命名された。骨の長さなどから、飛ぶことはできるが、地上を走り回るタイプであることがわかったという。

 現在の鳥類の祖先にあたる白亜紀の鳥類は、これまでに31種がわかっており、うち24種が水辺の地層から出土している。一方、内陸部で見つかった鳥類は過去5種だけで、飛べずに走り回るか、飛ぶのが主などのタイプだった。

 朝日新聞

ミッシングリンクktkr
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。