スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【!?】「ガム」「わさび」 ついにここまで来た「若者の○○離れ」

 世代論や若者論というのはどこの誰でも盛り上がれる話題だが、それにしてもやや食傷気味なのが「若者の○○離れ」という表現。「テレビ」「車」「読書」など、その対象として挙げられるものは枚挙にいとまがないが、2ちゃんねるで「若者の○○離れのガイドライン」というスレッドが立てられ、改めて「○○離れ」に対する考察が行われた。

 スレッド内で挙げられた「○○離れ」は、上記の「テレビ」「車」「読書」のほか、

 ・酒・ビール・日本酒・タバコ・新聞・雑誌・活字・旅行・恋愛・セックス・CD・映画・ゲーセン・パチンコ・プロ野球・スポーツ・献血・ブログ・腕時計・理系・アカデミー賞・わさび・マラソン・ガム・バイク・ゴルフ・ボウリング・スキー・相撲・百貨店・果物・魚・山・味噌・日本茶・梅干し・飲み会・保険

 などなど。中にはもちろん「?」というものもあるが、例えばガムの場合

 「ガム市場を見ると、2003年の生産額1,310億円をピークに右下がりに推移し、2008年時点で1,099億円と16%強の減少を見せている(全日本菓子協会調べ)。推測できることは(中略)若年層のガム離れである。咀嚼能力の減少と柔らかい食感の嗜好はガムから遠ざかる原因になる」(『Insight NOW!』から一部抜粋)

 という記事が、また「わさび」についても、今年2月5日付けの毎日新聞の「辛いもの、苦いものを敬遠する若者が増えているという」との記事が添えられており、いずれも根拠となる資料が提示されているところがミソだ。


 これに対しネット上には
 「じゃあ若者は何してんだ?」
 「記者が何も考えないで記事書いてんだろ」
 「ただの不景気」
 など様々な意見が登場。また
 「これだけあってネット離れは無いのかw」
 という鋭いツッコミにはこちらもうなずかざるを得なかった。

 web R25

煽りがヘタクソ過ぎてもう慣れた
個人的にはガム離れというより業界を席巻してるロッテが嫌い
辛み、苦みに関しては人は歳をとっていくにつれて味覚が劣化していくもので味覚が過敏な若い人が苦手なのは当然
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。