スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【!?】第16回電撃大賞の入賞作品がパクリ作品だった! 応募者が謝罪

 一般から小説やイラスト等を募集し、優秀作品を発表する第16回電撃大賞。毎回数多くの応募作がある人気のコンテストなのだが、今回選ばれた入賞作品が他の作品と酷似していることが判明し、いわゆるパクリ作品であることが判明した。パクリ作品だと判明したのは選考委員奨励賞を受賞した、しろきつね氏の『しにがみのバラッド。』というイラスト。

 しろきつね氏は公式ブログ『白い狐の住む社』に、「個人的にならと魔がさしてしまうことも多く、そこで良い評価を頂く度に益々自分自身のイラストに自信が持てなくなってしまい、行いを悪化させてしまいました。軽率でモラルに欠けた行為をしてしまいましたことを、深く反省しお詫び申し上げます」、「それらは私が未熟故の行いでしたし、皆様に批判されても致しかたありません」とお詫び文を掲載している。

 しろきつね氏の作品に対して、世界的に有名な画家の天野喜孝先生も絶賛しており、「とても完成度が高く、実力を感じさせるイラストで、即戦力として今すぐにも活躍できる方だと思いました。服のやわらかさの表現など、技術の高さを伺えます。ぜひこの魅力を追及していっていただきたいと思います」と選評を発表している。すでに完成された人気作品を盗用しているのだから、完成度が高いのは当然といえるかもしれない。


 また、しろきつね氏の他の作品も多数の作品からトレース(写し描き)したものと判明しており、インターネット上では「これ、バレないと思ったの?」と厳しい意見が寄せられている。審査員たちに対しては、「審査する方もこんなの防ぎようがないもんなあ。パクラレ元になりうる既存のイラスト・写真なんて何百万枚とあるんだし」と同情の声があがっている。

 しろきつね

 ロケットニュース24

別に非難する気はないが
そうしたことが回り回って自分の首を絞める結果になると一人の絵描きとして思った


まとめてるとこ
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。