スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【汚沢】小沢氏が政治塾で講演、長期政権に強い意欲

 民主党の小沢幹事長は13日、自らが主宰する「小沢一郎政治塾」で講演し、民主党政権の長期化に強い意欲を表明した。

 資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件には触れず、小沢氏の側近養成所ともいえる同塾で、夏の参院選での勝利に向けた戦闘開始を宣言した格好だ。


 この日の講演には塾OBの国会議員とともに小沢氏を支持する衆院議員グループ「一新会」の約10人も顔を並べた。

 講演の冒頭、小沢氏は「体調を崩している」と切り出し終始鼻声で、1時間の予定を40分に短縮したが、その後の質疑応答は予定の倍となる1時間をこなした。

 小沢氏は「政権交代で、自民党はメルトダウンし、政党の体をなしていない状況になった。当面は試行錯誤を重ねながら民主党が政治を担っていく以外にない」と強調。そのうえで「国会運営でも、政府のあり方についても、しっかりした認識を持って臨まないとまた官僚支配に陥らざるを得ない」と述べ、政治主導の徹底に意欲を示した。

 また、2日にキャンベル米国務次官補と会談した際に「北東アジアは非常に不安定度を増している。ひとたび不安定な状況が生まれると、イラク、イラン、アフガニスタンの比ではない。米国ももっとしっかり考えなければ駄目だ」と伝えたことを明らかにし、北朝鮮を念頭に安全保障環境への危機感を示した。

 小沢氏は、石川知裕衆院議員の離党届提出などにより政治資金規正法違反事件に一定の区切りを付けたとの認識だ。14日には福岡県を訪れ、同党参院議員の会合や各種団体との会合に出席する。

 参院選の2人区に2人候補を擁立するという小沢氏の方針に対し、一部の地方組織から「擁立は困難だ」との反発が出ているが、小沢氏は「例外なくやる」と党幹部に断言しており、地方行脚を重ねて自ら調整に乗り出す構えだ。

 読売新聞

小沢主導に意欲の間違いだろ?
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。