スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【!?】沿道5キロ、ごみびっしり

 鳴門市の大麻町板東地区と北灘町折野地区を結ぶ県道・徳島北灘線沿いに、大量のごみが捨てられている。現場は大麻山西側を通る峠道で、ごみは谷に投げ捨てられている。地元住民によると、不法投棄は20~30年前から続いている。鳴門市や道路を管理する県は、不法投棄が横行していることを把握しているが「捨てられているのは民有地だ」として、撤去に動く気配はない。

 ごみが捨てられているのは、卯辰越と呼ばれる峠を挟んだ約5キロの県道沿い。ごみはほとんど途切れることなく、ガードレール越しに谷へ投げ捨てられており、斜面一面がごみで覆い尽くされている場所も多い。

 冷蔵庫などの大型家電や廃材、布団、食器、ペットボトルと、ありとあらゆる種類のごみが捨てられている。大根や柿といった農作物が投棄された地点では、異臭が漂っている。

 現場は夜間の通行量が少なく、人目につきにくい。住民らの話では、不法投棄は20~30年前から続いており、看板などを立てても一向に効果はないという。また、急斜面に大量のごみが捨てられているため、撤去にはクレーンなどの機材が必要で、住民だけでは対応できずにいる。


 県東部県土整備局の迫村圭一郎次長は「民有地から勝手に撤去できない」。市の廃棄物対策課の菅生謙二課長は「市有地のごみ撤去ではないので、税金を投入することは市民の理解が得られない」と、県と市ともに撤去には否定的だ。

 現場の一部は、地域の歴史や文化、自然を体感する「四国のみち」に、指定されている。

ゴミ

 徳島ニュース

ゴミぐらい普通に捨てられないのだろうか
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。