スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【訃報】落語家の三遊亭円楽さん死去

 古典落語の名手で、テレビ「笑点」の司会などでも親しまれた三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・吉河寛海=よしかわ・ひろうみ)さんが29日、肺がんのため、東京都中野区本町2の11の10の自宅で死去した。76歳だった。東京都出身。葬儀は近親者のみで行う。後日、お別れの会を開く予定。

 円楽さんは、歌舞伎で有名な助六の塚があり、浅草から足立区に移った浄土宗寺院、日照山不退寺易行院の四男として生まれた。昭和30年、6代目三遊亭円生に入門。37年に真打ちに昇進、5代目三遊亭円楽を襲名した。

 故古今亭志ん朝さん、立川談志さんらとともに若手の成長株として注目され、テレビにも数多く出演した。「笑点」「お笑いモダン亭」などのレギュラーとなり、「星の王子様」の愛称で売り出した。

 53年、師匠の円生とともに落語協会を脱退して落語三遊協会を立ち上げた。円生が亡くなった後は円楽一門の総帥として活動。60年春には、寄席に出られなくなった一門の活動の場として東京都江東区内に寄席「若竹」を作ったものの平成元年秋に閉鎖。その後は独演会や一門会などで噺を聴かせ、多くの弟子を育てた。

 三遊派の正統を受け継いだ師匠・円生ゆずりの人情噺を得意とし、「芝浜」「文七元結」「中村仲蔵」などが十八番だった。

 晩年は持病の腎臓病に加え脳梗塞(こうそく)を発症、平成18年には23年にわたって司会者を務めたテレビ番組「笑点」を降板、19年2月25日、東京・国立演芸場で「芝浜」を公演した直後、高座からの引退を表明した。
 昭和52年に「藪入り」で芸術祭優秀賞、63年に「中村仲蔵」で芸術祭賞を受賞した。

 MSN産経ニュース

ご冥福をお祈りいたします
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。