スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特亜】中国で高まる「嫌韓」 理由は「歴史のパクリ」

 中国のネットユーザーが、韓国に向けた負の感情を高めている。
 このほど中国人を対象に行われた調査によると、年々韓国に対する感情は悪化、その理由として最も多かったのが「韓国式歴史観」。中国発祥のものを「実は韓国が起源」などと主張する一部の動きが、中国人の感情をひどく害しているようだ。

 特異な歴史観に反発
 韓国の中央日報が2011年9月27日に報じたところによると、韓国のアジア研究院(EAI)と韓国の高麗大学アジア問題研究所(ARI)が共同で11年夏、中国全土の約1000人を対象に行った調査では、周辺国に対する好感度をポイント制で聞いたところ、韓国は100点満点中53.0点。06年調査では73.0点、08年調査では64.5点だったことから、韓国に対する好感度は「右肩下がり」だ。
 なお、11年調査では、ロシア60.8点、米国54.5点、北朝鮮54.5点、日本35.6点で、日本に対する低評価ぶりが際だった。
 中国人が韓国を嫌いな理由も独特だ。中国の環球網が9月27日、中国のネット利用者に対して韓国の印象について聞いたところ、全体の49.9%(3390票)が韓国を嫌いな理由として挙げたのが「韓国式歴史観」で最も多く、「韓国人の中国人に対する態度」(24.4%)、韓米同盟(21.3%)が続いた。
 記事では、このような結果の背景として、2000年以上の歴史を持つ「端午の節句」を、韓国が起源だとしてユネスコの「世界無形文化遺産」に登録させたり、活版印刷や中国史に登場する有名人の起源が韓国にあると主張する一部韓国人にあると分析。遼寧省社会科学院朝鮮韓国研究センターの呂超氏は、
「これは、いわゆる『韓国式歴史観』が原因。そのため、中国人、特に中国の若者が反韓感情を持つようになっている。これは、韓国国内での誤った宣伝活動が作り出したものだ」
 とコメントしている。


 アジア大会のアピールが尾を引く
 呂氏によると、80年代後半から90年代にかけて、中国人は韓国人に対して好印象を持っていたものの、「一部の韓国人が、中国人を尊重しない出来事が続いた」という。その中でも象徴的なのが、07年冬に中国・長春で開かれたアジア大会での出来事。韓国の女子ショートトラックの選手団が、「白頭山(ペクドゥサン)はわが領土」と書かれたカードを持って授賞式に臨んだことだ。
 白頭山は中国と北朝鮮の国境地帯にある火山で、中国側が白頭山周辺で行っている経済開発について、韓国では「地域全体を中国領だと主張するための動きだ」と懸念する声が根強い。このため、韓国選手のパフォーマンスは韓国では大きな称賛を浴びたもの、中国側は韓国に猛抗議したという経緯がある。
 また、08年には、韓国紙が「孫文は韓国人」などと報じ、中国マスコミが大反発。韓国大使が「報道はデマ」などと火消しに追われたこともある。

 数年前に起こった事件が、いまだに中国人の対韓感情に影を落としている形だ。

J-CASTニュース

自らは何も生み出せない国
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

【腐女子】中国人腐女子のイマジネーションがハンパねぇぇぇぇ!! / 中国各省をイケメン化、しかもめちゃ勉強になる

 腐女子とは、ボーイズラブをこよなく愛する乙女達のことである。日本のアニメ文化が伝わると同時に中華圏にも伝わった腐女子文化。すっかり現地に根付いているようだ。

 今回、中国腐女子の皆様が暴走気味なのは、画像掲示板。中国の各省・地域のイケメンキャラ化が行われカップリングに二次創作と異常に盛り上がっている。

 掲示板では最初は地図の美少女キャラ化でまったりと進行していたのだが、「イケメンキャラを出せ!」と、腐女子が占拠。中国大陸22省、5自治区、4直轄市に香港・マカオ・台湾をあわせた計34キャラクターが紹介された。一部女性キャラも含むが、これだけ多ければ組み合わせは無数。彼女らが興奮するもの無理はない。

 イラストは某乙女ゲームを彷彿とさせるような繊細で美しいタッチだ。キャラ設定も大変細かく、各地方の特色・風俗・歴史が実によく出ている。

 
 例えば、

 北京:気ままでちょっとワガママ。だが家来には厳しく怒るととても怖い。でもメンタル的に弱い一面も。

 上海:傲慢でワガママな性格。だが、それも100年間外国に租界とされつづけてきたという過去を持つ。世界を自分のものにしようと企んでいる。

 マカオ:長い間ポルトガルに連れ去られていた少年。一見快活な少年だが、闇の顔を持つ。

などである。
 
 人間関係も省の関係がそのまま表われている。四川省と重慶市のカップリングは鉄板。1997年に四川省から直轄市に昇格した重慶市を四川省が再び我が物にしようと画策しているらしい。昔、福建省から多くの人が移住をした台湾、この2地区の関係は完全に福建省の片思いだとか。

 掲示板上には二次創作イラストや設定を借りた小説も発表され、もはや他のネットユーザーは入る隙間もない状態だ。あほらしいと言えば相当あほらしい。だが、彼女らについていけば中国事情通になれること間違いなさそうだ。


▼偉そうだけどメンタルが弱い北京
funv-beijing.jpg
▼辛い過去を背に世界を狙う上海
funv-shanghai.jpg
他のイラストは元記事にあるので
ロケットニュース24

どこのネットでも801は強すぎる……

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

【アウト】都内の小学校、堆肥が基準値超え 放射性セシウム

 東京都文京区は6日、区立根津小学校の落ち葉でつくった堆肥から、国の暫定基準値(1キログラム当たり400ベクレル)を超える1488ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。文京区はすべての区立小中学校と幼稚園に対し、堆肥を肥料として使用せず、児童らが直接触れることがないよう注意喚起した。文京区によると、9月下旬に根津小の堆積場から採取した堆肥を測定。

exciteニュース

東京終わってきたな

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

【教育】<里親>家庭不和で4分の1が解除 なじめぬ里子も多く

 厚生労働省が全ての児童養護施設と乳児院約700カ所に里親支援の専門担当職員を配置するため予算要求した背景には、里親と里子の関係悪化が目立ち始めたことがある。全国の児童相談所(児相)所長会の調査では、養子縁組への移行などを含む委託解除総数のうち、里子との関係がこじれるなどして解除されたのは約4分の1。里子が里親宅になじめないなど養育の難しさが浮かび、専門家は支援の大切さを訴えている。

 「今日もおねしょしなかったのか。3日連続だな、えらいな」「うん」。東日本の児童養護施設の施設長と小学生の男児は、最近まで数年間、ほぼ毎日声をかけあってきた。幼いころから長く続いた夜尿が、最近ようやく収まってきた。

 自閉的傾向のある男児は2歳までの一時期、里親家庭で暮らした。10年以上前、その里親家庭の母親は、実子の子育てが落ち着いたとして、人を介して施設長に相談に訪れ、里子を育てる希望を熱心に語った。「赤ちゃん返りや思いがけない行動も出てくる」。施設長は懸念を伝えたが「うちは大丈夫」と母親は繰り返した。夫婦はほどなく里親に登録、児童養護施設から男児が引き取られた。

 「体の状態から虐待されている」。男児の通う保育園から児相に通告があったのは約半年後。男児は排せつの習慣が十分身についておらず、いら立った里親にたたかれていた恐れがあった。男児は肛門に指を突っ込んでは家の壁に便を塗り付け「(里親の)期待とは逆の行動」(施設長)を繰り返していた。里親は児相の訪問を拒否。児相は里親の養育委託を解除し、男児は施設で暮らすことになった。


 おねしょを責めず、しない日数が週1回から次第に増えると、男児の問題行動はなくなった。「自分の好みの子供が来るわけではない。実子でできたことができるわけではない」。施設長は振り返る。

 全国の里子は3836人(10年3月)で、10年間で約1.8倍に増えた。児相所長会が10年4~11月に養育委託を解除した647人について調べたところ、養子縁組に移行したり問題なく実親家庭に戻った場合などを除き、里親との関係が不調になり、里子が児童養護施設や別の里親家庭に移ったケースが79人。やはり里親との関係が不調で実親家庭に戻ったのが25人。問題行動など子の側に問題が生じたり、里親の高齢化など里親側の問題が明らかになり施設などに移ったのが52人いた。

 この156人について里親側の問題点を複数回答で尋ねると、養育の負担感が増したり拒否感が生じたケースが17.2%、里子との関係悪化が16.2%、養育力不足が9.2%だった。

 里親による虐待やその疑いも6.1%でみられた。

 里子養育での困難さについては、里親宅への不適応が12.7%、里親への反発・反抗が8.8%、「子の生活の乱れ」と「情緒不安定」が各5.7%。

 156人の内訳は0歳1人、1~2歳11人、3~6歳12人、7~12歳50人、13~15歳45人、16歳以上37人で、中学生年齢では里親宅への不適応が22人と半数近くあった。

 日本社会事業大学大学院の宮島清准教授は「里子を育てる難しさが関係悪化を生み、子供の問題行動につながる。負の循環をできるだけ早く発見し、食い止める支援が必要だ」と話している。

exciteニュース

震災の事もあるし里子が増える可能性のある昨今にこの話はあまりよろしくないな

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

【知ってた】メッキが剥がれた蓮舫行政刷新相 公務員宿舎問題でも二転三転

 かつては「必殺仕分け人」と呼ばれた蓮舫行政刷新相(43)が、その仕分け事業で迷走している。公務員宿舎問題が二転三転して、何を考えているのかよく分からないのだ。
「私が了としている」。埼玉県朝霞市の国家公務員宿舎問題で、蓮舫大臣は2011年9月30日金曜日の会見で、こう建設に肯定的な考えを示した。

 ところが、週が開けた10月3日、野田佳彦首相は宿舎建設を5年間凍結することを指示。発言がわずか3日で覆される形になり、蓮舫氏は、苦しい弁明に追われる見通しになってしまった。
09年11月の仕分け第1弾で、公務員宿舎は、全国で25か所、約7700戸が凍結された。これは、総額で4200億円分の節約になる。しかし、10年12月になって、当時財務相だった野田氏が凍結解除を打ち出し、蓮舫氏も了承することになった。


そして、朝霞宿舎の建設が11年9月1日に再開され、震災の被災者が苦しむ中で105億円もかける問題がクローズアップされると、蓮舫氏は、大臣として弁明に追われた。11年9月27日の会見では、宿舎跡地12か所の売却で、逆に10~20億円がねん出できるとして、「宿舎を集約した結果、復興財源が生まれている」と説明していた。
 なぜ、こうも鈍感になってしまったのか。
 政治アナリストの伊藤惇夫さんは、まず仕分けに拘束力がなく、蓮舫氏が無力だったことを挙げる。

「凍結解除も政府決定でなく、所管大臣の考え1つでできるほど、実効性のないものだったわけです。いわば民主党の政治ショーだったわけですよ。蓮舫さんは、野田グループだったので、フォローしようとしたんでしょうね。今回は、野田首相が形勢不利だとしれっと方針を転換してしまったので、また外されてしまいました」

さらに、伊藤惇夫さんは、蓮舫氏の政治経験が浅いことを指摘する。

「経験が浅いうちに、一躍スターになってしまいました。ですから、いくぶん浮ついていたわけですね。行革担当として、公務員の人件費2割カットなど民主党マニフェストを実行する先頭に立つ必要があるのですが、それができていないんです」

最近は、ツイッターでも「おはようございます」などといった差し障りのない表現ばかりになるなど、かつての歯切れのよさがない。また、週刊誌で、覚せい剤事件で有罪判決を受けた不動産会社元社長の男性との付き合いを度々指摘されている。

「脇が甘いんですよ。メディア出身でメッセージ発信能力は高いんですが、まだまだ政治家としての能力は未知数ですね。もちろん、首相になんてとても早いですよ」

J-CASTニュース

高精度ブーメラン

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

ゐぬのひと

Author:ゐぬのひと
本が無駄に好きな哺乳類。
東方好きでガノタで似非鍵っ子で現在進行形で厨二病を患っています。
齢二歳


※このブログは本来の趣旨を見失っています。
それでも良いという方はどうぞリンクをしてやってください。
つまりリンクフリーです。

追記:本ブログではスパム対策として“http”を弾いています。
コメントなどつける方はhを抜かしてコメントして下さい。お手数おかけします。

ついったー
最近の記事
最近のコメント
来訪者数
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。